この一週間(7/20~7/26)でソーシャルゲームに関連した押さえておきたいニュース、注目の記事をまとめました。

daum_dena
DeNAは23日に韓国ポータルサイト運営のDaum社と展開している韓国版のMobageである「Daum Mobage」のiOSへの提供を開始しました。

今週の重大ニュース


■グリー、カナダに子会社を設立(7/20)

smallGREE1
                             画像引用元(グリー
グリーはカナダのバンクーバーに100%出資子会社「GREE Canada」を設立すると発表しました。これはグリーにとって9箇所目の海外拠点になります。 バンクーバーにはDeNAやElectornic Arts社をはじめ、多くの有力なゲーム会社が開発スタジオを展開しています。バンクーバーはシリコンバレーと時差がないため、米国子会社の「GREE International」 とスムーズな連携を行うことが可能であり、これによりゲームの企画および開発のスピードアップ、運営体制の安定化を実現していくとしています。
グリー、カナダ子会社の設立を決定(グリー プレスリリース)
【関連記事】海外進出を進めるDeNA、GREEの注目提携企業


■DeNA、韓国で「Daum Mobage」をiOS向けに提供開始(7/23)
               daum_dena画像引用元(SPApp
DeNAは韓国大手ポータルサイト運営会社Daum社と展開している韓国版Mobageである「Daum Mobage」のiOSへの提供を開始しました。Androidでは今年2月から開始しており、そこで人気となっている育成ゲーム『We Rule』(日本語タイトル:『プティの王国』)をiOS向けタイトルの第一弾として提供します。 8月には『ファイナルファンタジー ブリゲイド』の韓国語版である『FINAL FANTASY AIRBONE BRIGADE』を配信する予定です。 
「Daum Mobage」ではDaum IDでユーザ登録を行うことも可能であり、決済には「Daum Billing」を使用することができます。また、韓国版Mobageでは日本版と共通のAPIを使用しているため、日本で既に提供しているゲームはプログラムを大幅に書き換えることなく「Daum Mobage」にゲームを提供することが可能です。
DeNAとDaum、韓国で「Daum Mobage」をiOS向けにも提供開始(DeNA プレスリリース)
韓国語版「ファイナルファンタジー ブリゲイド」の提供を決定(DeNA プレスリリース)
【関連記事】GREEが攻める韓国モバイルゲーム市場


■LINE、登録ユーザー数が5000万人を突破(7/26)

LINEアイコン
                         画像引用元(NHN Japan
NHN JapanはLINEの登録ユーザー数が世界で5,000万人を突破したと発表しました。ユーザー数4500万人を達成した7/2から約3週間での快挙です。7/16にはカンボジア・ウクライナ・カザフスタン、17日にはロシア・ベラルーシ・ラトビアの各AppStoreで無料総合ランキング1位を獲得しており、ロシア周辺国でのユーザー数の急増が大きく寄与しているとしています。
また、サービス開始から399日での5,000万ユーザー突破はTwitterの1,096日、Facebookの1,325日を大幅に上回っています。プラットフォームになった「LINE Channel」の今後の展開に注目が集まります。
「LINE」、登録ユーザー数が世界5,000万人を突破(NHN Japanプレスリリース)
【関連記事】「LINE」オープン化、ゲームプラットフォームとしての可能性



注目の記事


LINE世界展開の前に立ちはだかる中国WeChatの実態【湯川】(TechWave)
LINEと同じく「スマホネイティブ」のメッセージングアプリであるWeChatについての記事。そのユーザー数は1億人を突破しており、近いうちにプラットフォーム化する。

Androidアプリで日商100万円達成した時にやったこと(Android×グローバル)
スマートフォンアプリのマネタイズ支援プラットフォーム『metaps』運営者による、Google Playで収益を上げる方法についての詳細な記事。

違法コピーが蔓延する中国 ゲームで利益を上げた2社の「裏技」(日経オンライン)
『Angry Birds』と『Plants vs Zombies』の中国での成功について。海賊版を逆手にとってキャラクターを認知させ、グッズなどのコピーできないものによって収益を上げるモデル。
【関連記事】ヒットアプリに見る巨大市場中国攻略法

ソーシャルゲームレポートより

「今後のヒット作と将来展望」ドリコム長谷川氏インタビュー後編
『陰陽師』や『ちょこっとファーム』で知られるドリコムのソーシャルゲーム事業を統括する長谷川氏が語る、今後のヒット作に必要なものについてです。
【前編】「『戦国フロンティア』ヒットの背景」ドリコム長谷川氏インタビュー前編


今週はグリー、DeNA、LINEのそれぞれの海外展開に関する大きなニュースがありました。モバイルゲームプラットフォームの覇権争いはますますヒートアップしています。





Take a look at these Recommended Articles!

We Tweet News on the Social Gaming Market !


About the Author
Wataru Tanaka is the chief editor of Social Game Report and writes about mobile social gaming. He works at Mynet Japan, a social game developer. His vision is to create worldwide network and enhance the industry, take it to the next level where everyone can enjoy communicating each other through games.